有利な条件で離婚を成立させる方法

離婚はいつでも好きなときにできるわけではありません。離婚が成立するためにはそれなりの理由や条件が求められます。そしてどのような理由で離婚するかによって離婚交渉を進める上で有利・不利も出てきます。離婚に踏み切るには覚悟が必要ですが、少しでも交渉を有利に進めるために、日記やメールなどできるだけ具体的な証拠を準備したうえで臨むことが重要なのです。

離婚に必要な条件は?

どうすれば離婚が可能になるのか、民法では基準となる条件が設けられています。この基準をクリアしていない場合には、どれだけ一方が離婚を望んでも相手が同意しない限り結婚関係を解消することができませんし、強引にでも離婚しようとした場合には不利な条件を飲む必要が出てくるといった問題も出てきます。
この民法で定められた離婚の条件は以下の5つです。

  1. 「相手が不貞行為を行った場合」
  2. 「相手が悪意の遺棄を行った場合」
  3. 「配偶者の生死が3年以上不明な場合」
  4. 「配偶者がうつ病や認知症、躁鬱病など強度な精神疾患を抱えてしまった場合」
  5. 「その他結婚の継続が難しい深刻な問題を抱えている場合」

まず「相手が不貞行為を行った場合」。これはわかりやすく、もっとも多い離婚理由のひとつです。

それから「相手が悪意の遺棄を行った場合」。これは生活費を入れてくれない、公然と不貞行為を行い愛人の家で暮らしている、実家に帰ったまま帰ってこない、これといった理由もなく同居生活を拒否しているといった結婚生活に伴う義務や責任を放棄したケースのことです。

3つ目と4つ目はやや特殊なケースで「配偶者の生死が3年以上不明な場合」「配偶者がうつ病や認知症、躁鬱病など強度な精神疾患を抱えてしまった場合」です。

そして5つ目は「その他結婚の継続が難しい深刻な問題を抱えている場合」です。こちらも離婚理由としてよく見られるもので、代表的なところではアルコール中毒や薬物依存、ギャンブル依存といった依存症が生活環境に重大な悪影響を及ぼしてしまっているケースが挙げられます。ほかにも配偶者の親族との深刻な不和、配偶者が刑事事件で実験判決を受けて服役してしまったケース、過度な宗教活動にのめりこんで日常生活と結婚生活両方に支障をきたしてしまっているケースなども挙げられます。

つまり、離婚交渉を有利に進めていくためには、こうした原因・理由をいかに具体的な形で証明できるかが問われるのです。日記やメールが証拠として重要な意味を持つのもそのためです。

結婚生活の破綻を証明できるか

重要なのは上記の理由で結婚生活がすでに破綻してしまっていることを証明できるかです。
あくまで自分ではなく、第三者が納得できる証拠であることが大前提です。夫婦に極めて近い関係にある人間なら証拠として成り立つものでも、利害関係がない第三者から見ると証拠として弱い場合もあるので注意が必要です。

不貞行為が原因の場合

不貞行為が原因の場合はそれを相手が言い逃れできない、または第三者が文句なく受けいれることができる客観的な証拠を用意できるかが問われます。

悪意の遺棄が原因の場合

悪意の遺棄がある場合には生活費を入れてくれなかったことや別居生活を送っていること、相手の親族との関係が修復不能なほど悪化していることを証明できる客観的な証拠が求められます。

どんな証拠が離婚交渉に役立つのか?

不貞行為が原因の場合

不貞行為でもっとも証拠として有利なのが不倫相手とのメールの記録です。もちろん、間違いなく不倫相手だと確認できるようなメールの文面が求められます。待ち合わせ場所を決めるやり取りや、アリバイ作りのための口裏あわせのやり取りなど、明らかに怪しいメール内容を確保できるかが有利に交渉を進める上での前提条件です。
ほかにも、探偵など調査のプロに依頼した調査結果、不倫の際に使ったと思われる宿泊施設や飲食店の領収証・レシートなどが挙げられます。

悪意の遺棄が原因の場合

悪意の遺棄では生活費を振り込んでいないことを示す銀行の預金通帳や別居先の住所などが挙げられます。

依存症の場合

依存症の場合でもアルコール、ギャンブル、パチコン店などの領収書・レシートが重要な証拠となるでしょう。

暴言・暴力原因の場合

暴言や暴力の場合は録音・録画のデータが非常に有力な情報になります。暴力が深刻な場合には医師の診断書や痣などの写真なども重要な証拠です。

配偶者の親族との不和が原因の場合

配偶者の親族との不和が原因となっている場合も、いざというときのために録音・録画しておくと強力な証拠になるでしょう。

証拠としての日記の活用法

以上のような証拠の有用性をさらに高め、離婚交渉を有利に進めるのに役立つのが日記とメモです。夫婦生活の日常の中で起こったことを日記やメモに残しておくことで、具体的な配偶者の背信行為や問題行為を確認しやすくなるのです。

日記やメモが離婚の際に証拠として有利になる理由は単に配偶者の問題行為を記録しておく点だけでなく、他の証拠を裏づけるうえでも役立つからです。

価値のある証拠にするためには、できるだけ毎日継続して記録するようにすること、他の証拠の裏づけとなるような記録をきちんと残せるよう心がけることがまず大前提です。

不貞行為を裏付けたい場合

たとえば不貞行為が疑われ、不倫相手と過ごしたと思われる宿泊施設のレシートがある場合、その日の日記に配偶者の帰宅時間ややり取りを記録しておくことで強力な裏づけになります。
たとえば、「いつもなら夕方には帰ってくるはずなのに今日は帰りが遅かった」「取引先との飲み会で遅くなると連絡があった」といった内容が日記に書かれていれば宿泊施設のレシートの証拠としての信頼性が高まるというわけです。

また探偵に依頼して不貞の証拠を掴む場合でも、ある程度日記で配偶者の疑わしい行動を記録したうえで依頼すると、より確実・短期間で成果が得られやすくなる面もあります。

暴言・暴力を裏付けたい場合

どのような状況で暴言や暴力が加えられたのか。暴力で治療を受けた場合には、日記に書かれた暴力がふるわれた状況と診察結果を照らし合わせることで、両方の証拠としての価値が高まるでしょう。

依存症を裏付けたい場合

依存症の場合は、お酒やギャンブルといった原因に1日どれぐらいの時間を費やしていたかを詳しく記録しておけば、証拠としての価値が高まります

配偶者の親族との不和を裏付けたい場合

配偶者の親族との不和も、会った日付や話の内容を記録し、録音・録画と組み合わせることで証拠としての信憑性を高めることができます。

第三者的な観点で

できるだけ客観的な内容になるよう心がけることも大事です。日記は極めて個人的な内容になることが多く、とくに怒りや悲しみを感じたときには感情的な内容になってしまいがちです。あまり感情的な内容だとどうしても客観性が失われてしまい、第三者が見たときに信憑性がやや弱くなってしまう面が出てきます。

また自分を過剰に被害者として表現する、配偶者を人格的に否定するような表現をするといった点にも注意したいところ。離婚を考えるようになったら日記は記録をするためのものと割り切り、自分の感情は抑えて事実をしっかり記録していくよう心がけた方がよいでしょう。

離婚を有利な条件で進めるために


これまで見てきたように、離婚を有利な条件で進めるためには証拠を多く揃えるだけでなく、ひとつひとつの証拠の価値と信憑性を高める工夫が求められます。配偶者のメールやSNSを確認するのはなかなか難しいかもしれませんが、うまく入手できるチャンスを掴みたいものです。そのためには何か問題が浮上したときにすぐに配偶者を責めるのではなく、ある程度我慢してチャンスを持つ姿勢も必要です。

不貞行為の場合

不貞行為は長く続けば続くほど、油断もあってボロがでやすいものです。日記に関しても、1週間程度の記録よりも数ヶ月程度長く地道に記録された内容のほうが、証拠として有利になるものです。

暴言・暴力の場合

暴言・暴力に関しては事情が異なってきますが、離婚を考える場合には長期戦になるのを覚悟し、その長期戦の間に自分に有利な証拠をどれだけ揃えられるかを意識して準備を整えていくことが有利な条件を引き出すうえでのポイントとなるでしょう。

地道な積み重ねが離婚を有利に進める鍵です

配偶者が同意しない場合の離婚協議では、双方が自分の言い分を主張して話が一向に進まないケースも見られます。それだけに有利な条件での話し合いに持っていける証拠を集めることは、泥仕合を避けるうえでも非常に大きな意味を持ちます。相手が何を言っても言い逃れにしか聞こえないような強力な証拠を集めるためにも、本格的に離婚を持ち出す前から準備をしっかり行っていきたいところです。